自分は無臭だと信じていましたが

今まで自分は無臭だと信じていたのに違っていました。

私は、毎朝バスを使って通勤しています。
市内を走る路線バスは本数も多く、市内の至る所を走っているので利用者も多いです。

 

 

私の乗る路線もかなりの人が乗るのでぎゅうぎゅうのすし詰め状態になるんですが、
夏などはもう誰の体臭だか分からないような、独特の臭いがバスの中に充満します。

 

男性の汗の臭いだったり、女性の化粧品の臭いだったりが混ざり合っているような臭いです。

 

そんな中、私は香水も付けないし、
薄化粧なので「皆、臭いなぁ」と思って毎日バスに乗っていたのですが、
ある日あまりにも暑いのでノースリーブのシフォンブラウスを着て出勤しました。

 

込み合うバスの車内で、
居場所を確保してつり革につかまっていると、なにやら嫌な臭いがしてきました。

 

今日も皆臭いなぁと思っていたのですが、
いつもの臭いと違うような気がしました。なんだか嫌な予感がして、
なんとなく自分の脇に顔を近づけて臭いを嗅いで見ると、
若干酸っぱいようなツーンとするような!

 

まさか、自分の脇から臭いが出ているだなんて思っても見なかったので、
慌ててつり革から手を離して、手すりにつかまり直しました。

 

今までずっと、自分は無臭だとばかり思っていたので、
デオドラント系のものも何も使っておらず、とても恥ずかしかったです。

 

それから、ノースリーブを着て出勤することはしなくなりました。

 

お風呂で良く洗ってみたり、食事に気を使ったり、
制汗スプレーをこまめに付けてみたりと自分では臭わなくなったと思うのですが、
変に気にしてしまい夏でも長袖のカーディガンを羽織ったりしていました。
一度、気がついてしまうと、どうしても気になってしまうものですね。